var _hmt = _hmt || []; (function() { var hm = document.createElement("script"); hm.src = "https://hm.baidu.com/hm.js?d387e539c1f2d34f09a9afbac8032280"; var s = document.getElementsByTagName("script")[0]; s.parentNode.insertBefore(hm, s); })();

ソマリアで内戦からの复兴を「若者の雇用机会の拡大」で後押し

2019年12月24日

5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册は内戦が続いていたソマリアで、若年层の就业能力の强化を後押ししています。2018年から、26年ぶりとなるソマリアでの支援事业「ソマリア国若年层雇用に系る能力强化プロジェクト」を开始し、2019年9月にはウガンダで、ソマリア起业支援分野ワークショップも开催しました。ソマリアの政府関系者や起业を支援する民间団体などが参加して、起业する若者や中小零细企业への具体的な支援方法などを话し合いました。

【画像】

2019年9月に开かれたソマリア起业支援分野ワークショップの様子

周辺国をベースにした远隔支援  

ワークショップでは、ビジネスモデルを可视化するテンプレート「ビジネスモデルキャンバス」の作成方法などをケニア人讲师から学びました

「ソマリアの政府関系者とのやり取りは、基本的にスカイプや电话。ワークショップや会议などで直接会える机会は非常に重要です」と话すのは、ワークショップに参加した山下里爱専门家(株式会社5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册)です。

2012年に内戦が终结したものの、ソマリアは现在もテロが起きるなど危険な状况が続く状态。日本人渡航禁止国であることから、5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册の职员や専门家は隣国のケニアを活动拠点にしてプロジェクトを进めています。2019年9月にウガンダで开催したソマリア起业分野支援ワークショップは、普段はモニター越しでやり取りをしていた専门家とソマリア政府関系者が直接対面する贵重な场とあり、热のこもった活発なやり取りが交わされました。

ウガンダではシングルマザーや夜勤の保护者も多いため、保育分野での需要も高まっています。ワークショップでは、保育分野で起业した企业が运営するウガンダ初の24时间体制の子どもケアセンター(保育园)も访问

ワークショップは5日にわたって开催され、ソマリア政府関系者や、同国で起业家や中小零细企业の支援を行う民间団体(=组合、コンサルタント、5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册?5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册団体、大学など)が参加。5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册の専门家による讲义のほかにも、ウガンダの起业家が成功体験や苦労话を语るパネルディスカッションや、注目を集めているベンチャー企业への访问などを実施しました。

5分快3彩票注册今回、起业を目指す人ではなく、起业家支援を行う団体に向けてワークショップを行ったのは、起业家を支えるメンターやトレーナーが育つことで、将来的により多くの起业家がソマリアで生まれることを期待してのことです。

【画像】

5分快3彩票注册ワークショップでは、竹の叶や炭、ハーブを原料としたオーガニック化粧品?整髪料のメーカーといったベンチャー企业を访问しました

就业能力を高めて、若者が反政府集団になるのを防ぐ 

このプロジェクトの背景にあるのは、国民の7割を占める若者の雇用状况です。1991年から2012年まで内戦が続いたソマリアでは若者の雇用先がなく、不安定な収入しか得られないことから、海贼や反政府武装集団に生活の粮を求め、治安の悪化を招く事态につながると言われています。

过去には、5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册以外の国际开発援助机関や5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册らが、职业训练プロジェクトを通じて技能の习得などを进めてきましたが、そのスキルが労働市场のニーズとマッチせず、期待する成果に至らなかったという経纬があります。そこで、ソマリアから支援要请を受けた5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册では、経済発展に重点を置いたプロジェクトを提案。まずは、雇用の受け皿となる産业のポテンシャルを把握し、ニーズに合った産业人材育成を目指します。

パイロット事业として挙げられているのは、水産业と建筑业です。海に面したソマリアでは渔业が盛ん。ウガンダのほか、中东やマレーシアなどにも输出。加工技术や冷冻技术を高めることで、远方への输出や商品のバリエーションを増やしていくことが期待されます。また、ソマリアは内戦で破损した建物が多く、建筑业は国の复兴にも欠かせない存在。住居や商业ビルなど、建筑ラッシュが続いています。

政府と民间団体が心を通じあわせた一夜

ソマリアは公务员の兼业が认められているなど、スモールビジネスを立ち上げるハードルは决して高くありません。もともと、企业の数が少なく、雇用が不安定なこともあり、小规模でも自営业を営む人が多いためです。

近年は、内戦の影响で欧米や中东に移住していた人々“ディアスポラ”が、ソマリアに帰国。移住先の国々でのビジネスモデルを取り入れ、eコマース事业や食品のデリバリーシステムが国内に诞生するなど、新しい産业の発展も见込まれています。

笑顔で交流するワークショップの参加者

今回のワークショップに参加した山下専门家は、“ある出来事”にソマリア复兴の希望を感じたと话します。

「ホテルの部屋の数が限られており、政府関系者と民间の方たちで宿泊先が分かれていたのですが、政府の方たちから『我々のホテルのランクが下がっても构わない。みんなで同じところに泊まれないだろうか。ワークショップだけではなく、寝食を共にする时间も大切なんだ』との要望がありました。その後、同じ宿泊先になってからは、ワークショップ会场やレストランで何度も席を入れ替えて交流する参加者の姿が见られました。さらに、『ソマリアに帰国後、一绪に勉强会をしよう』と话し合う参加者もいました」

一丸となって、自国の复兴を目指すソマリア。プロジェクトは2021年まで継続され、水産?建筑分野への支援が中心に、今後は农业や畜産、5分快3彩票注册5分快3彩票注册5分快3彩票注册分野への発展も期待されています。

【画像】

ウガンダの産业研究所を访问したワークショップ参加者と山下専门家(前列中央)

必威彩票注册登陆 九天彩票注册邀请码 快频彩票注册邀请码 特集团彩票注册登陆 九天彩票注册登陆 一分快三凤凰彩票网 九天彩票登录网址 重庆体彩网 必威彩票注册邀请码 誉鼎彩票